小郡市注文戸建住宅IK様邸

秋も深まり冬の気配も感じる
一年が早い
この時間経過の体感が早く感じる事を
ジャネーの法則と言う事を以前紹介した
ジャネー瀬戸再びです

いよいよ小郡時市注文戸建住宅IK様邸がスタートする
ご主人のたっての希望で平屋の計画

このIK様邸を計画中にたまたま
細田守監督の『未来のミライ』を鑑賞した
その時の様子は以前のブログでもUPした
詳しくはこちら→→→2019年2月20日のブログ『未来のミライ』

主人公の“くんちゃん”の住む家は建築家のお父さんが設計した設定になっているが
実は有名建築家谷尻誠氏の設計だ
斜面を利用した素晴らしい設計
LDKと子ども部屋を中庭を挟んで空間的な棲み分けを構成している
子どもの目線ではLDKや大人が見えない
でも大人からはLDKから子どもの姿を見下ろす形ではあるが確認できる
“眼を離すな手を離せ!”・・・だっ

そんの住宅に正直嫉妬した
くそっ~良い家だなぁ…とっ
そして
まんまと影響されたのがこのIK様邸だ
私も三人の子を持つ親
子どもとの関わりあいに自分なりのポリシーがある
そんな私の暑っ苦しい考えをIK様にプランと共にぶつけた!!
結果
ご夫婦ともに教育職という事もあり
私の構想の共感頂いた

そんなIK様邸
正面からの印象は水平ラインが美しい平屋建
大きく屋根をかけて大らかに包み込むデザインは好きだ
DSCN2583

中庭(インナーコート)を配している
DSCN2588

子どものプレイスペースとLDKを中庭(インナーコート)によって棲み分け
初回プレゼン資料-2

中庭に面した書斎も寛ぎの空間として考慮している
初回プレゼン資料-2 - コピー

何だぁ瀬戸は中庭を作りたかっただけ?
と思ったアナタっ!!
違うんですっ!!
皆さん平屋のメリットはご存知と思いますが
デメリットはお分かりっ?
それは・・・
通風と採光
平面的に広がった個室は二方向の通風の確が難しく
採光的に有利な場所は限られます
採光に関しては住宅街であればなお更
中庭(インナーコート)によりこの二つのデメリット解決してくれる

もちろん平屋には
二階建に比べてコスト増や廊下などの動線が長くなるというデメリットもある
それも解決しなければいけませんが
概ねこの方向で計画はスタートした
見学会も開催予定!!
乞うご期待っ!!





先日毎年恒例のハロウィンパーティーに参加した
今年の仮装のテーマは“アメリカ西部開拓時代”
運営側が初めてテーマを絞ってきてので皆困惑気味
カウボーイ・カウガール・インディアン・・・
去年はドラえもんで皆を圧倒した私達夫婦の仮装は・・・
近日中に公開予定っ!!
かみんぐすぅ~んっ♪

去年
ドラえもん&ドラミ
2018102121333500
嫁も一緒にぶっ飛んだっ!!

二年前
パンダのジャンジャン
2018101909473400
上野動物園のシャンシャン人気に便乗っ!!

三年前
ジャック・オー・ランタン
2019101811180501
キャンプ場に居た知らない子ども達を恐怖に落とし入れたっ!!

四年前
ミニオン
2019101811180500
クオリティーを一気に上げたっ!!

五年前
デビル
s-HRWP
初めて顔塗に挑戦っ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

コメントをどうぞ