錦帯橋

設計スタッフの瀬戸です

今回ご紹介するのは
山口県岩国市の錦帯橋(きんたいきょう)
錦川に架橋された木造のアーチ橋です。
日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されています。
5連のアーチからなるこの橋は、全長193.3メートル 幅員5.0メートル
継手や仕口といった組木の技術によって造られています。

構造がおりなす造形は、力強く、無駄がなく、美しいっ!
デザイン先行の現代の建築とは、かけ離れた存在です。
もちろん、生活の中にデザインを取り入れ、日々の時間を豊かに過ごす事も大事です。
でも、そのデザインにも意味や理由を込め表現したいと、私は思います!!
これは木造に限らず鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨造(S造)でも同じです。

周辺の売店では、色んな種類のソフトクリームが販売されていて、非常に悩みます。
ロープウェイで山頂まで登ると、錦帯橋と周辺の城下町を一望できます。
名物の岩国寿司も美味しく、懐かしい雰囲気の街並みを散策すると、ゆっくり一日を過ごせます。


コメントをどうぞ