住宅のカイダン

設計の瀬戸です
写真は先日、私の師匠である建築家の工事現場で見つけた階段。

s-KAIDAN

広々とした玄関土間の吹抜けに階段はあります。
壁からピョコピョコと出たのは階段の踏み板っ(?)
先生が言うには
『何となく踏み板を出してみたら2階への連続性が生れ吹抜の空間がまとまった』
との事。。。なるほど!
私も日頃から階段の存在を意識します。
2階にあがるための昇降装置というだけでは面白くない。
何か仕掛けができないものかと。。。
写真の飛び出た踏み板はのっぺらとした左官仕上の壁にリズムカルに陰影を生み面白い!!
まだまだ設計の奥ゆかさ感じた一日でした。


コメントをどうぞ