土地探し

焼き芋食って行かんねぇ~ 設計の瀬戸です

家造りを始めるにあたって『まずは土地を探さないとなぁ~』
と多くの方が思われ、ネットの情報を見たり不動産屋さんに相談に行ったりします。
もちろん、さとう建設のお客様も例外ではありません。でもそこには落し穴が・・・

s-YOHEKI
写真は、あるお客様の造成工事風景です。映っているのはL型擁壁と言って工場で作られた製品を、現場に設置するものです。
私が何が言いたいかと言うと、土地によってはこのような大規模な造成工事が発生すると言う事。
つまり土地の価格といものは広告に載っていたり、不動産業者さんから紹介頂く時に伝えられる金額だけでは無いんですよ!
家を建てられるようにするためには、様々な調査や検討の上、他にかかる金額を把握する必要があります。
写真の擁壁工事を例に言うと、この宅地は元々家が建っていたのですが、解体更地の状態で販売されていました。
しかし、元の擁壁は補強コンクリートブロック造だったため現在の法律(安全基準)には適応できませんでした。
不動産業者様(売主)と協議の結果、今回のような大がかりな造成工事により擁壁の造り替えを行っております。
資金計画時には、このような造成工事費用まで盛り込んで、この土地の購入検討を行わないといけません。
他にも上下水道や地盤等、一般のお客様では判断する事が困難な要因は多くあります。
だから、冒頭の『土地を探さないとなぁ~』と思われている方は、まずは信頼できる建設会社を吟味して相談してみて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

コメントをどうぞ